スピーキング力習得の10の学習アプローチ

言葉を話せるというのはとても素晴らしいことであるのと同時に、皆が一度は習得した技術でもあります。驚くべきことに、たとえ言語が違っても、私たちは同じ学習方法でこの複雑なタスクをマスターしています。

LEXO LAB(レクラボ)はこの普遍的な学習アプローチに基づいているからこそ、とても効果的な学習になるのです。

Stress-free learning Comprehensible Input Output Hypothesis + Skill Acquisition Theory Noticing Hypothesis + Self Correction Spaced Repetition Error Pattern Identification Corrective Feedback Remedial Instruction Complex + Scaffolded Lesson Structure Engagement + Storytelling

ストレスのない学習

ストレスは効果的な学習の大きな障壁になると研究で明らかになっています。さらに顕著なのは、一般的言語学習、発話に関しては特に、ストレスの軽減が大きな学習効果をもたらすのに繋がるということです。 

 

LEXO LABでは、お子様が自らのペースで、プライバシーを守りながら、納得できるまで何度も練習することができます。必要な時にはヒントを使うことができ、個別で分かりやすいフィードバックを受け取ることもできるので、恥ずかしい思いをすることがありません。 

理解可能な
インプット

言葉を話せるようになるためには、まずその言語の音声を十分に聞き、その音声と特定のイメージを結びつける必要があります。これはLEXO LABの最初のステップでもあります。  

 

私たちのお話とイラストが優れているのは見た目だけではありません。文脈が明瞭に分かるように構成され、過去に学んだ学習内容を強化できる仕組みになっています。これによって、お子様の学習を大幅に向上させられます。

アウトプット仮説とスキル習得理論

次に、音声の生成を促します。スピーキングには、何の単語をどの順番で使うのか考え、その音声の組み合わせを正しく発音するというプロセスが含まれています。  

 

話すためには知識と技術の両方が必要で、その力を伸ばすのに日々の練習は欠かせません。スピーキングが LEXO LAB(レクラボ) のレッスンの中核にスピーキングがあるのはこのためです。  

言葉を発しない学習活動は、スピーキング力向上に効果的であるとは言えません。スピーキングは条件反射的な行動で、情報を素早く頭から取り出す必要があります。これは練習を重ねることによって強化されます。

気づきの仮説と自己訂正

誤りに気づき、正しい方法を特定し、やり直すことは、理想的な学習モデルです。  

My Chat Labはフィードバックマシーンを使い、お子様がやり直す前に、自分の発言とモデルを聞き比べるよう常に奨励します。この様な自己訂正を行うことは、とても有益であるとされています。 

間隔反復

新しい単語やフレーズを身につけるには、何度も繰り返し学習する必要があります。そのため、学習者がそれらを何度も目にすることが重要なのです。 

 

その概念をさらに発展させたLEXO LABでは、Game Podという活動を通じて特定のタイミングと方法で、すでに学習した表現を復習することができます。この学習ゲームでは語彙の復習だけでなく、知識を確かめたり、練習を積み重ねたりすることもできます。これらは全て以前に学習した時のパフォーマンスに基づいています。お子様が練習すべき項目を私たちが選び、最良の方法とタイミングで再導入を働きかけます。 

エラーパターンの特定

お子様がスピーキングの練習をする度に、私たちは進捗状況や、同じ誤りが複数起こっていないかどうかを確認しています。頻繁に起こる誤りと、すぐに改善できる練習中のミスは性質が異なるため、特に注意が必要です。  

 

エラーパターンを割り出すことと、正しい使用パターンを見つけることは表裏を成しており、お子様の学習に必要な事項や、得意・不得意を理解するのに役立ちます。それらを元に将来どんな学習が必要かを決定しています。

修正フィード
バック

LEXO LABは、どこでどのような誤りが起こったかを特定するために、細かな分析を行っています。

 アプリが音の誤りを正確に見つけ出し、お子様が改善できるようお手伝いします。間違ったまま覚えてしまわないようにするためにも、最初から正しく発音することが肝心です。なぜなら、後から修正する方が正しく覚えるよりもずっと大変だからです。

補習レッスン

お子様の発話に特定のエラーパターンを発見した時には、補習レッスンを学習に加え、その改善をサポートします .  

 

他の学習活動と同様に、この補習レッスンも専門家によってデザインされています。この具体的かつ目的を絞ったレッスンでは、繰り返される誤りだけに焦点を当て、練習や修正を行うだけでなく、スピーキング力を磨くこともできます。

緻密に組み立てられたレッスン

物語の価値は、学習に積極的に取り組ませたり、リスニングの練習の機会を与えたりするだけではありません。​​以前のストーリーを基にした学習体験も含まれており、学習を積み上げられる様な仕組みにもなっています。 

 

物語に出てくる単語やフレーズは、目標とする音や文型を学習するために選ばれています。それぞれのお話には具体的な目標や意図された学習成果が必ず存在し、決して偶発的なものではありません。

積極性と物語

この学習のプロセスには、お子様が学習への達成感を感じられるような楽しい仕掛けもあります。 

 

カリキュラムに物語を取り入れているのは、それが長年親しまれ、お子様の心を惹きつけたり、やる気にしたりするのに有益だからです。誰もが一度は物語に魅了された経験を持つでしょう。  

重要なことに、物語を通じて、お子様は英語の自然なリズムを聞くことができ、イントネーションや語彙強勢、文強勢への認知度を高めることもできます。